田島歯科医院

Home お知らせ 医師紹介 スタッフ紹介 症例紹介 設備紹介



症例紹介


矯正歯科 インプラント 義歯・メタルボンド ホワイトニング・PMTC・レーザー


矯正歯科について


最近の学校健診では、今までのようにむし歯をチェックするだけではありません。
歯周疾患や歯並びについても、詳しく保護者に知らせるようになりました。
それだけ歯並びの大切さが、深く認識されるようになってきたのです。
歯並びが悪ければ、噛み合わせも悪いので、全身の健康には大きな影響を与えます。
それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。
豊かな顔の表情を大切にする欧米では、健康的で整った美しい歯並びが常識になっています。
一昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、
最近では歯並びに対する日本人の考え方も、審美から健康の獲得へと変化してきています。
歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、
健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀嚼機能と共に
健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。



正常咬合(良い歯並び良い噛み合わせ)
 
上下の歯が正しく噛み合い、歯の接触面積が広く、咀嚼機能が高く、食物の消化・吸収が容易で、
心身ともに健康な成長発育を呈しています。健全な咀嚼運動は、脳神経の血流を促進し、
老化防止にもつながります。

不正咬合の障害
 
1. 食べ物が歯の間に挟まり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。
2. 食べ物をよく噛み砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。
3. 上下のあごの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。
4. 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。
5. 咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる。
6. 視力低下の原因になるともいわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい。

不正咬合の種類
 
クラウンディング(叢生)

あごが小さかったり、あごに対して歯の幅が大きい場合に起こります。
歯の生える場所が足りないので、凹凸に生えたり、重なり合って生えている噛み合わせです。

そう生(乱杭歯)
矯正1 矯正2 矯正3
治療前 治療中 治療後


反対咬合(下顎前突・受け口)
  下顎が上顎よりも前方に出ている歯並びのことです。

1.

骨格的なずれが少ない場合

  下の前歯が上の前歯より前に出ている噛み合わせです。
2. 骨格的すれが多い場合
  顎の骨を移動させる外科矯正手術をする場合があります。
その手術に矯正治療をしなければならない場合のある噛み合わせです。

下顎前突(受け口)
反対咬合(治療前) 反対咬合(治療中) 反対咬合(治療後)
治療前 治療中 治療後


上顎前突(出っ歯)
 
上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態をいいます。

上顎前突(出っ歯)
上顎前突治療前 上顎前突治療中(前) 上顎前突治療中(横) 上顎前突治療後
治療前 治療中(前) 治療中(横) 治療後


正中離開
 
真中の2本の歯が離れて、隙間が空いている歯(真中のすきっ歯)のことです。

矯正10 矯正11 矯正12
治療前 治療中 治療後


埋伏歯の牽引
 
埋伏歯を歯列弓内に誘導あるいは牽引することをいいます。

矯正13 矯正14 矯正15
治療前 治療中 経過観察中





矯正治療の流れ
 
初診   問診や視診をして診察し、説明のための資料(歯型の模型や歯の全体
レントゲン写真)をとります。その後、説明用ビデオで歯科矯正の概略
を知って頂きます。
矢印  
説明日 まず実際、田島歯科医院で矯正治療に関する説明ビデオを見て頂きます。
その後資料に基づき個々に治療方針や費用等について概略を説明します。
 
治療開始 矯正治療は、動的治療(歯を積極的に動かす)と静的治療(保定:歯をその
位置に固定する)の2つのステージに分かれています。



>>ページの上にもどる



 管理者ログイン